ネイルの準備

ピンクのマニキュア

ネイルサロンで中心的なメニューになっているジェルネイル。 特に人気があるのが、ソークオフジェル(ソフトジェル)です。 ネイルサロンでは、長くジェルネイルをもたせることができるように ジェルネイルを塗る前の処理がしっかり行われています。 ネイルの形を整え、余分な甘皮をとりのぞきます。 ファイルで爪の表面を軽く傷つけます。 これは傷にジェルが入り込むことで爪に定着させやすくするためです。 表面についた小さな削りかすなどをガーゼを使ってとりのぞきます。 クレンザーをしみこませたガーゼでふいて、 爪の表面から油分・水分をとりのぞきます。 油分・水分をとりのぞくことによって、 ジェルの浮きや硬化の際の縮みを防ぐことができます。

ネイルサロンで施術してもらったジェルネイル。 2〜3週間はもつのが一般的です。 爪の使い方に気をつけると美しい状態で、より長く楽しむことができます。 指先を使うことによってジェルネイルを塗った爪に ダメージを与えてしまい欠けたりはがれたりすることがあります。 これらは上手に道具を使うことによって防ぐことができます。 缶ジュースをあけるときはネイルサロンなどで販売されている 缶ジュースオープナーを使う、といった方法です。 また、洗い物をするときには長時間水にふれないように ゴム手袋をするのがよいです。 乾燥によってジェルネイルがはがれやすくなるため、保湿も大切です。 手全体にハンドクリームぬったり、ネイルオイルを爪に塗ると 爪が保湿されます。